現在のページ : Top

塾講師の将来性

少子化である現代、塾講師などの仕事は少ないのでは?と思ってしまいますが、高学歴、エスカレーター式の学校などに進学を希望する両親が増え、さらに共働きなどで経済的に余裕のある家庭が増えたことで、進学塾や家庭教師などのニーズは高まっていると言われています。

近年ではメディアでもユニークな塾講師が取り上げられることも多く、個性的な塾講師は憧れられる存在と言っても過言ではないほどです。 塾講師の魅力は自分のスキルを生かせること、教育に興味のある人にとってはやりがいを感じられること、などがあります。特別な資格が必要ないのも人気のある理由の一つ。小学校や中学校、高等学校などの教師になるには教員免許が必要となりますが、塾講師は教員免許のような国家資格がなくてもできる仕事です。

資格は必要なくても、塾講師の役割は重要で、塾講師によって塾の運営に関わると言ってもいいほどです。当然基礎的な知識や学力は必要ですし、生徒に魅力を感じさせる個性やコミュニケーションスキルも必要とされることも多いです。塾によっては、試験があり、それに合格しないと採用されないということもあります。塾講師として採用試験を受けるには、基礎的な学力はもちろん、どのような指導を心がけるかなどの信念を持ち、その塾で自分がどのように役立てるか、ということをアピールできることも大切です。また、自分に合った塾を選ぶのも、自分の個性を生かし、やりがいを感じながら仕事をするためには必要なことです。